--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2013.09.08
女もつらいよ、五目うの花シリアル
隣の家の長男坊で、一人息子のヨッチャンが結婚する。

その話は、我が家へ、隣の家のおばさんが回覧板を持ってきて、「おめでたい話なのよぉ・・」から始まり、最後に「うの花をいっぱい作っちゃったからお裾分けね」と、どんぶり一杯に盛られたうの花を頂いた時に聞いた話だった。

いいな、結婚か。私もできれば35才前には結婚したい。だけどその前にお相手を見つけなきゃ。

でも、お相手を見つけて、いざ結婚となると、私がお嫁さんになって家を出ていくのか、お婿さんをもらって同居するのか、それはそれで微妙な問題だったりする。

寅さんじゃないけれど女もつらいよ、特に一人娘の長女に生まれたら、もっとつらいなあ。

五目うの花シリアル


【所要時間】20~30分

【材 料】4人分
おから100g、ニンジン30g、コンニャク30g、だしの素小さじ2、水小さじ1、きくらげ乾燥2g、ひじき乾燥2g、油揚げ1枚、キヌサヤ5~6枚、鶏もも肉1/2枚、サラダオイル小さじ2、鶏ガラスープの素小さじ2、水250cc、酒小さじ2、砂糖小さじ2、醤油小さじ2、水100cc、シリアル120g

【作り方】

キクラゲとひじきは水で戻しておき、戻し終えたら、食べやすいサイズに刻みます。

コンニャクは小さくカットし、鍋に水とだしの素を入れて、水分がなくなるまで煮込みます。

フライパンでおからをサラサラになるまで焦がさないよう炒り、おからをお皿などへ入れておきます。

先程のフライパンをペーパータオルなどでサッとふき、サラダオイルを入れ、細かく刻んだ鶏もも肉、細切りのニンジン、きくらげ、ひじき、刻んだ油揚げ、煮込んだコンニャクを入れて炒めます。

お皿へ取り分けていたおからをフライパンへ戻したら、水を加え、水気がほどほどに飛んでいたら、火を止めて、細切りしたキヌサヤを加えて、よく混ぜ合わせ、シリアルが入ったお皿へ盛りつけて出来上がりです。
スポンサーサイト
基本シリアル | CM(0) | TB(-) | PAGETOP

★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。