--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2013.07.07
夏休みの絵日記「素晴らしい夏の一日」に描いた筑前煮
小五の夏休み、小三の弟と二人、田舎の祖父母の家へ遊びに行った。

毎日、畑で取れたのスイカを食べ、裏山ではカブトムシを探し、夜には螢狩りをした。

何もかも新鮮で、貴重な体験の連続だった。

東京に戻った夜、家族そろって母の作った筑前煮を食べながら、私と弟は田舎の話をした。

父が笑い、母も笑い、私と弟も笑った。

それはどんな貴重な体験にも変えがたい、素晴らしい夏の一日だった。

夏休みの絵日記「素晴らしい夏の一日」に描いた筑前煮


【所要時間】25分


【材 料】4人分

鶏もも肉1枚、ニンジン1/2本80ほど、レンコン中1個100gほど、ちくわぶ1本、ゴボウ1/3本80gほど、刻みネギ少々、鶏ガラスープの素小さじ1、醤油大さじ4、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ2、水800cc、冷やごはん100g、たらこ20g、水150cc、刻んだ青ねぎ少々、塩少々、昆布だしの素少々、チューブのわさび1センチ(お好みで入れてください)、シリアル120gほど

【作り方】

鶏もも肉とニンジン、ちくわぶはひとくちサイズに切り、ゴボウはななめ切り、レンコンは5ミリ幅くらいのサイズに切っておきます。

鍋に水を入れ、すべての材料を入れたら、弱中火で時々アクを酉ながら煮込みます。

7、8分経過したら、すべての調味料を入れ、さらにアクを酉ながら弱中火で15分ほど煮込みます。

鍋の材料の全体に火が通ったら火を止め、更にシリアルを人数分入れ、筑前煮を盛りつけ、トッピングに青ネギを飾って出来上がりです♪


※ゴボウは流水をかけながらタワシで洗うと表面の汚れが落ちます。皮には栄養素がお多いため、皮を残して使いますが、気になる方は皮をむいても大丈夫です。
スポンサーサイト
基本シリアル | CM(0) | TB(-) | PAGETOP

★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。