--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2013.09.29
それが私の気持ち、ゼンマイきんぴらシリアル
主人と出会ったのは私が高校2年の夏、そして翌年に別れ、高卒後、社会人3年目に再会して交際が復活し、すぐに結婚した。

以来15年、一男一女の子供に恵まれ、私は専業主婦として暮らしていた。

それが半年前に主人の会社が倒産し、私たちの生活はがらりと変わった。

主人はいまだ再就職先が決まらず、私はスーパーとコンビニの二つのパートをかけもちし、週6日働くこととなった。

社会から離れていた期間が長かったから、また働けるだろうか、そんな不安は働き始めてすぐに吹き飛び、今まで見ないふりをしていた現実を見つめることとなった。

その一つが、主人が真剣に職探しをしないで家事も手伝ってはくれず、家でテレビを見ながらゴロゴロしていることへの腹立たしさという現実。

二つめは主人に対して、私がなんの気持ちも、いわゆる愛情も同情も抱いていないという現実。

そして最後に主人と離婚して子供たちと暮らしていく決心がついたという現実。

「おい、なんで今日のきんぴらはゼンマイなんかが入っているんだ」

夕飯の席で主人は好物のきんぴらにゼンマイが入っているのが気に入らないらしく、ふてくされ気味に呟いた。

「ゼンマイ、も、食べたかったのよ。・・・それが私の気持ち」

主人は理解不能といった表情で私を見つめた。主人には女の気持ちは永遠に理解出来ないかもしれない。

ぜんまいきんぴらシリアル


【所要時間】分

【材 料】

【作り方】
スポンサーサイト
基本シリアル | CM(1) | TB(-) | PAGETOP

★COMMENT

このコメントは管理者の承認待ちです
2015.06.06 | posted by - | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。